資料詳細

概要

オストメイトが患者会のソーシャルサポートによって統制力を獲得するプロセス = The process by which an ostomate gains the power of control through social support from a patient self-help-group.[修士論文]
新潟県立看護大学大学院課題研究 平成25年度
横川史穂子 著
横川史穂子
2014/03

利用状況

この資料は貸出できません
予約はありません

詳細

和洋区分
和書
書名,巻次,叢書名 オストメイトが患者会のソーシャルサポートによって統制力を獲得するプロセス = The process by which an ostomate gains the power of control through social support from a patient self-help-group.[修士論文] 新潟県立看護大学大学院課題研究 平成25年度
著者名 横川史穂子 著
分類記号1
N258 学位論文
著者記号 2013
出 版 者 横川史穂子
出版年月日 2014/03
ペ - ジ 80p
サ イ ズ 30cm
保管場所コード
01 図書館
配架場所コード
5121 閉架ⅩⅡ左側
注記 平成25年度修了 新潟県立看護大学大学院看護学研究科 修士課程 領域: 臨床看護学領域 がん看護学(指導教員: 石田和子) 学位授与年月日:平成26年3月14日 欧文タイトル: The process by which an ostomate gains the power of control through social support from a patient self-help-group. 別タイトル: 新潟県立看護大学大学院看護学研究科修士課程学位論文 平成25年度
件名 ストーマ セルフヘルプグループ